出張封印|建設業許可申請や自動車登録(車庫証明等)のことなら前橋市の「行政書士法人One-Vision」へ

TEL027-226-6993

FAX027-226-6994

[営業時間] 8:30~17:30 
[定休日] 土日祝・年末年始

定休日・受付時間外のご相談は事前にご予約をお願いいたします。

出張封印

まずはじめに封印とは??

封印とは、ナンバープレートを固定するボルト上に被せるアルミ製のキャップ状のものです。

自動車がナンバープレートを発行する運輸支局によって正式に登録され、しかるべき検査を受けた後、ナンバープレートを取得したという最終的な証しとなります。そのため運輸支局に対する登録手続きのない軽自動車のナンバープレートには封印がありません。

取り付け位置は車両後部のナンバープレートの左側と定められており、封印の目的はナンバープレートの取り外しを防止するとともに、車両の盗難犯罪を防ぐ重要な役割があります。そのため、封印が外れていたり破損している場合は、取り締まりの対象になるので注意しましょう。事故や修理、いたずらなどで壊れたり紛失したときには、登録を受けた運輸支局で再封印の手続きを行う必要があります。


現在のところ、封印はアルミ製。群馬なら「群」東京なら「東」、といったように、封印の表面には地方運輸局に属する各運輸支局の刻印が入っています。移転登録などの手続きに従ってナンバープレートを取り外すときは、運輸支局の敷地内に限り、所有者が自ら取り外すことができます。ただし取り付けはできず、執行官が車検証と車台番号、ナンバープレートを照合したうえで、封印をします。


出張封印とは

本来、上記でご説明したように、ナンバープレートが変わる場合、自動車を運輸支局へ持ち込まなければいけません。

しかし、One-Vision(ワンヴィジョン)の行政書士は行政書士会の定める封印資格を持っているため、ナンバープレートと封印を運輸支局から受取り、車の置いてある所まで出張して取り付ける事ができます。

毎日、自動車販売業者様のところまで出張封印をしており、陸運局まで車を持ち込む必要がなくなったと沢山のお客様から喜ばれています。

ご興味のある自動車販売業者様はぜひ一度ご連絡ください。 

行政書士法人One-Vision

ページの先頭へ

まずは一度お問い合わせください